【-  公開日  -】 2018年05月15日

今の世の中を一言で表すとどうなるのか?

記事読了まで約〈 9 分19秒 〉です。

今回の100人アンケートは『今の世の中を一言で表すと?』というテーマで募集してみました。

こういったテーマは関心が高いのか、予定していたより早く集まったので、早速記事にしていこうと思います。

今回は年齢別(20代~50代は数が多いため男女別)にしてあります。

アンケートの概要

今回のアンケートは[あなたが思う『今の世の中を一言で表す言葉』を教えてください。]というテーマで募集しました。

ちなみに回答数は100件で男性45人、女性55人となっています。

年齢別の回答者は10代が2人、20代が20人、30代が38人、40代が23人、50代が14人、60代が3人でした。

今回は一部ではなく、全部をリスト形式で掲載していきます。

10代

  • 金が金を呼ぶ社会(男性)
  • 育児介護に対するサービスが行き届いていない社会。(男性)

10代は2人しかいないので傾向というものはちょっと見えてきませんでした

ですが2つとも「なるほど」って感じはしますね。

20代男性

  • 便利化社会
  • 人手不足を努力不足に置き換え、許容を許さない社会
  • 金こそ人生
  • 不正・悪事があばかれ始めている社会
  • 運命の分かれ道に立っている
  • 弱者切り捨て社会
  • 若者からの搾取、マジョリティのジレンマ
  • 非寛容社会

あまり明るい言葉は多くはないようですね。

でも『便利化社会』や『不正・悪事があばかれ始めている社会』など、いい方面の一言もあるので、全てが悲観的というわけでもないように思います。

20代女性

  • 同じ事をしないと笑われる社会、子育てを実親に任せる社会
  • 「年中無休の我慢大会」を強いる社会。
  • コミュ障だらけの社会
  • ご都合主義
  • 自己中心的国際社会
  • 老人至上主義社会
  • 不安の渦
  • 労働力ばかりが搾取される世知辛い社会
  • 高齢化社会による若者の多重苦
  • イイネを競い合う社会。
  • 不条理な社会
  • SNS至上主義

20代女性ではあまり好意的な言葉が出てきませんでした。

SNS依存症を表す『イイネを競い合う社会』や『SNS至上主義』、高齢化社会を皮肉る『老人至上主義社会』や『高齢化社会による若者の多重苦』など、若者にとっての生きにくい社会を表す一言が多いみたいです。

コミュニケーション能力の必要性が叫ばれているこの時代を『コミュ障だらけの社会』と表現したのはウマいですよね。

30代男性

  • 情報偏重社会
  • 労働者の権利や生活を守っていくように見せかけた矛盾の社会
  • 闇の格差社会
  • 本当に言いたいことが言えない沈黙の世界
  • 不正・隠蔽の社会
  • 激変社会
  • 高齢化、若者弱者の社会
  • 情報統制の抑圧
  • オワコンシニア時代
  • 怠けが許されない社会
  • 必要以上のバッシング社会
  • 偽証押し付け社会
  • 嘘で固められた世の中

30代男性の意見で目を引くのは「嘘」や「偽」といったイメージの言葉が多いということです。

『本当に言いたいことが言えない沈黙の世界』ってドラマのGTO(古い方)の主題歌(ポイズン)を思い出しましたよ…。

30代女性

  • 濁った水
  • 情報過多社会
  • 不倫の巣窟
  • 平和主義(になってほしい)
  • 総監視社会
  • 矛盾社会
  • 公務員優遇主義
  • 働いても報われない社会
  • 自分さえ良ければいい自己中の集団
  • 終わった社会
  • SNSを媒体にした吊し上げ上等の社会
  • 息苦しい社会
  • 他力には依存するのに他人の意見は排除する社会。
  • お先真っ暗
  • すぐ批判して袋叩き社会
  • 政治が国を壊す社会
  • 忖度社会
  • クレーム社会
  • 一発アウト社会
  • 総評論家社会
  • 揉み消してうやむやにしようとするのが好きな社会
  • 混沌とした社会
  • 拉致も貿易も非核もアメリカ頼み主義
  • 知らないと損をする
  • 嘘つきばっかりの社会

ところどころ感情的になってしまって一言で表現できていないものや、全体というよりは一つの事柄を指している言葉が多いのはちょっと気になりますが、30代女性の意見は今回のアンケートでは全ての世代の中で最多の25件でした。

その中で目を引くのは『総監視社会』や『息苦しい社会』などでしょうか。確かに相互監視で出る杭を打つ状態になっているのは気になりますね。

失敗したら一巻の終わりという『一発アウト社会』や『すぐ批判して袋叩き社会』もわかる気がします。

40代男性

  • 迷路の中をもがいている世の中
  • 頭でっかちの木偶の坊社会
  • マスコミの報道内容と現実や現場の状況との乖離状態
  • 情報のスピードや量にリテラシーが追いつかず情報に踊される社会
  • 我こそ正義と言いつつ役目も果たさない利己主義者の巣窟
  • 非常識がまかり通っている社会
  • 国民ネット監視社会
  • 今の世の中、嘘つきばかり。
  • 窮屈な社会
  • 余裕のない社会
  • 努力社会
  • 将来不安社会
  • 労働者排除社会

ここも30代と似たような傾向が見られます。ただ、ちょっと独善的な感じがするのは自分だけでしょうか…。

好き勝手に情報を捏造する姿勢を批判したい、という意見がメインかなと思います。

『将来不安社会』や『労働者排除社会』は世の中の変質に人や社会制度が追いついていないことの証左かもしれません。

40代女性

  • 楽もあるが苦が多い社会
  • 変化し続けるデジタル社会
  • いつもいらいらしている人間が多い社会。
  • 承認欲求への飽くなき欲求。
  • 人の目気にしすぎの自意識過剰社会
  • 多様性が許されつつある社会
  • ネット世論超反映社会
  • 自己中の巣窟(自分さえ良ければ良いという考えの人間が殆ど。)
  • 個人主義
  • AI等の発達により、人として必要となった心の時代。

この世代の方は一言でまとめてくれているので結構わかりやすいですね。

今までの「みんなと一緒でなければダメ!」という社会から脱皮しかけていることを表す『多様性が許されつつある社会』と、それが行き過ぎた結果、発生する『個人主義』の相反する2つの言葉が出てきていますね。

個人的には『楽もあるが苦が多い社会』というのが的を射ているなと思います。

50代男性

  • 環太平洋における火山噴火、地震が起こり始めているプレ終末
  • 不寛容社会
  • 偏向マスコミ洗脳社会
  • 右翼社会
  • 弱者切り捨て社会
  • 割り切り主義社会
  • 常識の言葉が死語の無責任社会

地球の活動が活発になっているので『プレ終末』って感じはするかもしれません。

ただ、それ以外をみると40代~50代の男性は思想的な言葉が多い気がします。『偏向』とか『右翼』、『正義』といった言葉がそれですね。

でも、それを指摘してしまうと自分も『不寛容社会』の構成員になってしまうんでしょうか…(苦笑)

50代女性

  • 他人の目を気にしすぎる堅苦しい社会
  • 閉鎖社会
  • 闇市業者のパラダイス前夜祭
  • 貧富の差が異様に激しい社会
  • 押し付けられた政策にどんどん息苦しくなっている日本
  • 混沌とした不安社会
  • ネット依存社会

『闇市業者のパラダイス前夜祭』というのはなかなか捻った表現で好きかもしれません。まあ、おそらくあの業界のことでしょうか。

『ネット依存社会』は現実社会に比べ、インターネットの利便性が高いのでしょうがない気もします。もしこれを否定してしまうと、また村社会のような『閉鎖社会』に逆戻りしてしまうでしょうから…。

60代

  • 事なかれ主義でだれもが困難なことに拘わりたがらない。(男性)
  • バブルを目指して奮闘中(男性)
  • 情報過多社会(女性)

60代の一言の中で目につくのは『バブルを目指して奮闘中』ですかね。

確かに投資が個人にも浸透して株価も上昇しているので適切な表現かもしれません。特に『バブル』という表現が…。

まとめ

以上で100件の『一言』は全て終了です。一部については表示のために省略した部分もありますがご理解いただけると幸いです。

全世代を通して見てみると『情報過多社会』というのもそれなりに多いみたいですね。やはり情報量が飽和しすぎてまともに思考できなくなってしまっているのかもしれません。

全体の総括としてはやはり『不寛容』と『自己中心』というのが軸になるのかなと思います。

 

まあ、個人的には『無責任に自由を謳い、他人にツケを押し付ける社会』ってとこですかね。

結局、あんまり明るい言葉って出てこないですね…。

スポンサーリンク

 

筆者紹介

ほんと参った

一応このブログの管理をやっております。 基本スタンスは「テキトーにやる」なので、あまり期待せずに見ていただければ幸いです。 何か御用がありましたらお問い合わせページよりご連絡ください。 ちなみにnoteはこちらからどうぞ。

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す