【-  公開日  -】 2018年05月12日

イライラしてどうしようもない。そんな時に試してみたいこと。

記事読了まで約〈 7 分22秒 〉です。

「イライラしてどうしようもない!」と、自分が抑えられなくなりそうなことってたまにありませんか?

そういう時に周りの人達はどうやってその感情を抑えているのか、ちょっと気になったので今回はその点をアンケートでお聞きしてみました。

他人の意見ですが、もしかしたら自分に合う方法が見つかるかもしれません。

大きな声(音)を出す

20代男性

私は趣味で楽器の演奏をします。会社でストレスを感じてたまらなくなった時には、帰宅途中で演奏の出来るスタジオやバーに行きます。
そういった場所では、同じように演奏を趣味とする仲間が集まっているため、一緒に音楽を奏でて遊びます。
大きな音を出して演奏し、仲間と楽しい時間を共有することでストレスを発散することにつながり、明日からもがんばろうと思えます。

30代女性

喉が痛くなるくらい大きな声を出す。疲れるまで何度も思いきり出す。
隣人が気になる場合は車中で、もしくは運転中に叫びます。たまに仕事帰りに車中で叫びました。
すれ違った人が鬼の形相を見ていると思うと恥ずかしいですが、いらいらしてどうしようもない時は仕方がありません。喉が痛くなりますが、一時的にとてもすっきりします。
大きな声を出すことによって身体も程よく疲れて力が抜けるのでリラックスできます。

20代男性

ずばり一人カラオケです。
世間では結構敷居が高いと言われている一人カラオケですが、一回でも行ってしまえば慣れてしまうものです。
フリータイムで1000円しないのに、効果は抜群です。
下手に買い物なんかで人混みの中に行くよりもずっと気持ちが晴れます。

確かに大声で叫ぶのはストレス発散には効果的なようです。楽器の演奏の場合は体を動かすのにも近そうですが、一応『音を出す』ということでこちらにまとめてみました。

ちなみに大声を出すとストレス解消になるのは、こちらのサイトによれば自律神経や血行に関係しているらしいですよ。

都会で実際にやるとすれば一人カラオケが最もハードルが低いでしょうね。

体を動かす

30代男性

とにかく歩くことがストレス発散になります。
例えば、会社で嫌なことがあった時はあえて最寄り駅の2~3駅手前で降りて、数キロほどの道のりを黙々と歩きます。
無心に歩いているうちに気分がスッキリしてきて、自宅に帰った後もすぐに眠ることができます。

50代女性

ストレスが溜まった時には山登りをするようにしています。体を動かして汗をたっぷりかくと気分が晴れて爽快になります。
ネットで読んだのですが、汗をかくような有酸素運動はもっともストレスを発散させる効果があるのだそうです。
趣味としてもとても手軽です。

このように体を動かしてストレスを発散するのもいいかもしれませんね。

こちらのサイトによれば脳内ホルモンの分泌や交感神経が活発になることがストレス発散になる理由だろうと言われています。

まあ、さすがに登山はいきなり始められるものではないですが、ウォーキングは手軽にできていいかもしれませんね。

お気に入りの場所へ行く

30代女性

大好きな東京ディズニーランド(シーではありません)に一人で行きます。
好きなアトラクションに乗り、食べたいものを食べて、好きなショーを見ます。
キャストさんやキャラクターとのやり取りで気分が上がりますし、エレクトリカルパレードを鑑賞するとなぜか涙が出てくるので、思う存分泣いて、閉園まで心行くまで遊んで帰宅します。
好きなだけ楽しいことをするので、次の日から気持ちを切り替えて頑張れます。

40代男性

映画館で映画鑑賞することです。
私の趣味そのものが映画鑑賞なのですが、映画館の大画面で大迫力の音響の中映画の世界観に没入することで、イライラとしたストレスの原因を一時ではありますが完全に忘れて過ごすことができます。
映画がつまらないと、映画を観終わった後にすぐにイライラした気分が戻ってしまいますので、できるだけ面白そうな映画を見に行きます。

やはり好きな場所に行って、好きなことをするというのはストレス発散にも効果的なようです。

ただし、この方法は『好きな場所に行く』+『好きなことをやる』という2つのことをやっているので、どちらかが成り立たない場合にはむしろストレスを増やしてしまうこともあるようです。

その点は上の意見の中でも言われているので、その辺りを気をつければけっこう効果的かもしれませんね。

好きなものを食べる

30代女性

甘いものが大好きなので、コンビニ等で好きなスイーツを2、3個まとめ買いして食べてます。
こんなにストレスかかったんだから今日くらいいいよね、と自分に言い聞かせてプチ贅沢をすることで、気分はスッキリして気持ちを切り替えることができます。

食べることも定番のストレス発散方法ですね。

ただ、食べてストレス発散というのは副交感神経を働かせるための方法だということなので、あまりやりすぎると夜眠れなかったり、結果として太ってしまうなどの悪影響が出ることもあるようです。

その辺りはちょっと気をつけておきたいところです。

間接的に仕返しをする

20代女性

ストレスが溜まったりイライラした場合、そのストレスの根源に向かって、人には見えないように中指を立てることです。
海外ではF◯CKの意味がありますが、意味を分かってるからこそ、その1アクションで結構スッキリします。
本当はやってはいけない行いだと思いますけど、これが今のところ一番スッキリできます。

まあ、これは愚痴とかそういうのと同じで、相手に見えないところで仕返しすることで心理的に優位に立つのが目的ですね。

相手に気づかれなければストレス発散方法としてはありなのかもしれませんが、人としての観点からはあまり推奨できない感じです。

この延長線上にあるのが、実は仲間はずれだとかイジメだったりします…。

まとめ

以上がお答えいただいた皆さんがやっているどうしようもない時のストレス発散方法だそうです。

まあ結局はこういうことですね。

50代女性

イライラしたときは、自分の好きなことに集中して、没頭することをおすすめします。例えば、好きなゲームがあれば、プレイして、その世界に没頭する。とにかく、イライラの原因となる要素から、できるだけ離れることです。

この方の言うように『ストレスの発生源から離れること』と『自分がやりたいことを思い切りやること』がストレス発散の最も有効な方法のようです。

運動が苦手な人が運動をしても心理的なストッパーがかかってスッキリとはしないでしょうし、一人で居るのが好きな人が皆でワイワイ騒いでもむしろイライラするだけでしょう。

結局、『自分が好きなことを理解しておく』ことがストレスから逃れる有効な方法なのかもしれません。

スポンサーリンク

 

筆者紹介

ほんと参った

一応このブログの管理をやっております。 基本スタンスは「テキトーにやる」なので、あまり期待せずに見ていただければ幸いです。 何か御用がありましたらお問い合わせページよりご連絡ください。 ちなみにnoteはこちらからどうぞ。

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す