【-  公開日  -】 2018年03月03日

3月3日といえばひな祭り!桃の節句についての川柳

記事読了まで約〈 3 分7秒 〉です。

3月3日といえば女の子の健やかな健康を祝う桃の節句ですよね。雛飾りを飾ることからひな祭りともいいます。

この節句の由来についてはこちらのサイトに書いてあったので興味のある方はどうぞ。

桃の節句(上巳の節句)|日本の行事・暦

ということで今回は桃の節句についての川柳を募集してみました。雛人形とかの句が多いのは仕方ないのかな・・・。

じっくりと見つめている女の子

じっと見る ニコニコ笑う ひな人形

かえで

自分のために飾ってある雛人形をニコニコ顔で見ている女の子。もうそのままの句ですね。

でも、この繋げ方だとひな人形が笑っているような感じになりますね・・・。もしかしたらそれも狙ったのかもしれませんね。

食べ盛りの男の子なので食いしんぼう。

ひな祭り 人形よりも あられかな

といこ

まあ、男にとっては人形も飾りもあまり関係のないものですから。

唯一の楽しみがひなあられを食べること、というのはしょうがないですよね。

姪っ子を思わず想像してしまいます

ひな祭り 雛人形見て 姪想う

みっちょん

なかなか解釈の難しい句です。

おそらく昔はよく会っていた姪御さんに今はあまり会えないから、ひな人形に重ねて思いを馳せているといった感じでしょうか。

悪い意味では取りたくないなぁ・・・。

おひな様は飾るのはいいが片付けが億劫

おひな様 4月が過ぎても まだそこに

かの

確かに飾るだけでも重労働ですからね。

ひな壇自体がかさ張るものですし、人形を順番に並べたりとけっこう大変です。

さらに片付ける際にはまた丁寧に梱包していかなければならないわけで・・・。

男の子なのであられを食べるだけでした。

ひな祭り 記憶にあるの あられだけ

Flicka

だって他にやることないですもんね。

あとはせいぜいひな人形の飾り付けを手伝わされたくらいかなあ・・・。

男にとってはあまりいい思い出がない日です。

お母さんからの一言。節分の豆と勘違い。

ひなあられ 年の数だけ 食べるのよ

わっぴー

あるあるですね。

確かに正月の黒豆と節分の福豆とひなあられと紛らわしいんですよね。

もう食べたいだけ食べるってことで最終解決です(笑)。

つい、色つきから食べてしまいます。

ひなあられ 白色ばかり 残りおり

眠りたい母

実際には味は変わらないはずなのに色のついたものが美味しそうに見えるんですよね。

でも白だけ残すと余計に食べたくなくなるというワナ・・・。

最後は誰にも見向きもされなくなります。

まとめ

さて、暦に合わせて桃の節句をテーマにしてみましたがいかがだったでしょうか?

男にとっては全く関係ない日なのでどうも意識が向きにくいんですよね。でも食べ物だけはしっかりいただく。このくらいは許されますよね?

ということであられとひな人形だらけでしたが、楽しんでいただけたら幸いですm(_ _)m

スポンサーリンク

 

筆者紹介

ほんと参った

一応このブログの管理をやっております。 基本スタンスは「テキトーにやる」なので、あまり期待せずに見ていただければ幸いです。 何か御用がありましたらお問い合わせページよりご連絡ください。 ちなみにnoteはこちらからどうぞ。

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す